%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-9-02-35

誰かに嫉妬するときの心理。

こんにちは、BEC運営事務局の野崎です!

「野崎の思考」なんて何様だよ!というカテゴリを立ち上げました。
偉ぶってるわけではなく、自分の考え方を言語化するトレーニングとしてなんです。

しかし、これがFacebookで少しではありますが共感を得られるようになりました。

まだまだ36年の人生においても未熟者ではありますが、
みんなが日々悩んでいることを言語化したことで、
きっとスッキリ、わかるわかる〜!となったんだと思いました。

この言葉に至った説明を書き加えていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-8-10-21

ビジネスにおいて

誰かを羨んだり嫉妬するときは

大抵自分が努力していないときです。

耳が痛いですよね。
これ、わたしももちろん感じていたことで。

・あの人めちゃ実績出してすごいな〜!いいな〜!羨ましいな〜!

こういうことって色んな場面で起こります。

妬みとも紙一重ですし、
この感情が働くことで一瞬は頑張ろう!と思えるんですけど、
いかんせん、その感情は長続きしません。

また、いつの間にか「あの人いいな〜」の振り出しに戻る。

こういうときって、大抵は「自分が努力を怠っているとき」なんですね。

何でかな〜っとずっと思ってたんですけど、
こういうケースは、「誰かに何かをしてもらおう」としています。

自分の人生なんだから、自分で道を開いていかなくちゃならない。
なのに、舵取りを人に預けて主体的に生きられない。

誰かに委ねている時点で、
自分の行動の結果を誰かのセイにしている状態です。

自分の人生は誰のものでもない、自分もモノです。

だから、嫉妬や羨ましいという感情が出てきたときは、
また誰かに何かしてもらおうと思っているかも。

自分主体で生きていないかも!

と認識して、自分自身のために頑張れるんじゃないかとわたしは思います。

「誰かに嫉妬するときの心理。」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。